文字サイズ

将棋の藤井七段、小中学生を指南 松坂屋名古屋店で講座

 小中学生向けの将棋講座に参加した藤井聡太七段=14日午後、名古屋市の松坂屋名古屋店
1枚拡大

 松坂屋名古屋店(名古屋市)は14日、小中学生向けの将棋講座を開いた。藤井聡太七段(16)や師匠の杉本昌隆八段(50)らが講師として参加し、約100人が真剣な表情で聞き入った。

 藤井七段は「勝負は目の前の一手に集中することが大事。負けは失敗ではなく次に生かせばいい」と語った。杉本八段は藤井七段を「負けず嫌いで小学生のときは負けたら泣いていたが、切り替えも早かった」と評した。初代竜王島朗九段(56)は難易度の高い詰め将棋を解説した。

 名古屋市の小学5年生沖崎希君(10)は「藤井七段の負けたときの気持ちの持ち方が参考になった」と笑顔で話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    文化最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス