文字サイズ

イングランド無念…決勝の扉開かず FWケーン不発も「経験積めた」

 「ロシアW杯・準決勝、クロアチア2-1イングランド」(11日、モスクワ)

 準決勝1試合が行われ、クロアチアがイングランドに延長の末2-1で勝ち、初の決勝進出を決めた。0-1の後半23分にMFイバン・ペリシッチ(29)=インテル・ミラノ=のゴールで追い付き、延長後半4分にFWマリオ・マンジュキッチ(32)=ユベントス=が決勝点を挙げた。5大会ぶり2度目の優勝を狙うフランスとの決勝は、15日午後6時(日本時間16日午前0時)からモスクワで行われる。優勝した1966年大会以来の決勝を逃したイングランドは、14日の3位決定戦でベルギーと戦う。

 大会得点ランクのトップを走る“ハリケーン”は、温帯低気圧に変わってしまった。1-0の前半29分、相手GKとの一対一という絶好機でFWケーンが決められず。突き放すチャンスを逃した。

 立ち上がりは上々だった。前半5分、MFトリッピアーが右足で直接FKを鮮やかに決めて先制。準々決勝までの11点中8点を生んだセットプレーの強烈さは、この日も健在だった。だが、追加点が奪えずに逆転負け。120分間の死闘を終えた選手たちはピッチに崩れ落ちた。

 優勝した66年大会以来の決勝の扉は閉ざされたが、先発平均年齢で25・7歳の若きチームは未来を見据える。主将も務めたケーンは言う。「若いチームが大きな経験を積めた。ここまで来たことも素晴らしかった」。さらに強くなり、4年後の祭典に戻ってくる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカーW杯ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカーW杯)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス