文字サイズ

本田圭佑、被災者を思いプレー「元気届けられれば」 大阪府庁を表敬訪問

 松井大阪府知事(右)と吉村大阪市長(左)を表敬訪問した本田
1枚拡大

 サッカーのW杯ロシア大会日本代表のFW本田圭佑(32)=パチューカ=が6日、大阪府庁で松井一郎知事と吉村洋文大阪市長を表敬訪問した。大阪府摂津市出身の同選手は6月18日に発生した大阪府北部地震に触れ「被災した方々に勇気、元気を届けられればと思い、プレーした」と話した。

 本田は2025年国際博覧会(万博)大阪誘致のスペシャルサポーターに任命されており、青のジャケットにシンボルマーク入りのバッジをつけて登場。誘致委員会の会長代行を務める松井知事らに直筆のサイン入りユニホームと地震の被災者への義援金を手渡した。松井知事は16強入りした日本代表の戦いぶりを振り返り「地震で落ち込んでいた人たちは勇気づけられたと思う。ありがとうの一言」とねぎらった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカーW杯ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカーW杯)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス