文字サイズ

26年W杯史上初3カ国共催決定 開催国は米国&カナダ&メキシコ

 国際サッカー連盟(FIFA)は13日、モスクワで開いた総会で2026年W杯開催地の決選投票を行い、史上初の3カ国共催を掲げた米国、カナダ、メキシコに決まった。初開催を目指したモロッコとの一騎打ちで、結果は134-65(2候補とも選ばずが1票)だった。

 26年大会は現行の32から48へと出場チーム数が大幅に増加し、試合数も64から80に増えるため、開催総経費は推計21億6千万ドル(約2397億円)の巨額に上った。

 計画では米国で60試合、カナダとメキシコで10試合ずつを行う。北中米カリブ海地域では1994年米国大会以来の開催。メキシコは過去に70年、86年大会を開催した実績があり、カナダは初開催。共催は、02年日韓大会に続く2例目となる。

 FIFAは過去にW杯開催地を理事会で決めていた。しかし、理事に権限が集中しすぎていると批判が高まり、今回から総会で決める方式に変更。日本を含む200加盟協会が投票した。事前に公表された両候補の評価報告書での歴然たる点差が示した通りの結果。透明性の高い記名投票方式を導入したことで、土壇場で波乱が起きる余地もなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカーW杯ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカーW杯)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス