文字サイズ

神戸・ネルシーニョ新監督、古巣に黒星

 試合中、選手に指示を出すネルシーニョ監督
1枚拡大

 「J1、神戸0-1柏」(7日、ノエスタ)

 古巣相手に初陣を飾ることはできなかった。今季から神戸を率いるネルシーニョ監督は、昨季まで5年半にわたって指揮を執った柏に0-1で屈した。

 試合2日前に主力組に抜てきした19歳のブラジル人DFブエノをボランチとして先発起用。さらには「技術的にいつものプレーではなかった」と絶対的司令塔のMF森岡を前半のみで交代させるなど“ネルシーニョ・イズム”を随所に見せた。

 前半はシュート0本に終わり、セットプレーから失点と攻守に課題も残したが、後半開始から投入されたFW小川が試合の流れを変えるなど「ポテンシャルを見せてくれた」とブラジル人指揮官は手応えを強調した。

 クラブ創設20周年の開幕戦には、ノエビアスタジアム歴代5位となる2万4027人が詰め掛けた。次戦こそサポーターの思いに勝利で応える。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス