文字サイズ

浦和・武藤 ハリル監督の前で初の開幕弾

 「明治安田生命J1、柏1-2浦和」(27日、日立柏サッカー場)

 第1ステージが開幕。浦和は柏に競り勝ち、4年連続の開幕戦勝利を飾った。MF武藤雄樹(27)が1得点1アシストの活躍。視察に訪れた日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)の前で代表復帰へアピールした。

 浦和の新背番号9がチームを4年連続の開幕戦勝利に導いた。0-0の後半7分、FW李が放った左足シュートに反応したMF武藤が、右足で先制ゴールを流し込んだ。プロ6年目で自身初の開幕弾。「(ボールが)こぼれてくる絵が見えた。僕の特長が出せたゴール」と胸を張った。

 正真正銘のゴールだった。前半31分にはMF関根のクロスを体で押し込んだが、柏GK中村が懸命にかき出した。ボールはゴールラインを割ったかに見えたが判定はノーゴール。「目の前で見ていたので正直ゴールだった。負けてゴールだったと言い訳したくなかったので、決めて勝ってやろうと思っていた」と気持ちを切らすことなくゴールを狙い、結果に結び付けた。

 24日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)シドニーFC戦に続く公式戦2試合連続ゴール。同点の後半39分には右CKからFWズラタンの決勝点をアシストした。日本代表ハリルホジッチ監督が視察に訪れた一戦で1得点1アシスト。来月上旬には国内組合宿が行われ、下旬にはW杯2次予選2試合も控える。「代表に入りたい気持ちは持っている」と、昨年8月の東アジア杯以来となる代表復帰をアピールした。

 先制ゴールの際にはDF槙野と寿司(すし)を食べるパフォーマンスを披露。「未完成すぎた。『寿司を食え』と急に言われたので…」と反省したが、「これからもたくさん食べられるように頑張りたい」と気を取り直した。腹一杯になるまで、今季も貪欲にゴールを目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス