文字サイズ

アギーレ超サプライズ!控え選手A代表

 いきなりの超サプライズ選出だ!!日本サッカー協会は28日、ハビエル・アギーレ新監督(55)が率いる日本代表の初陣となる9月5日のウルグアイ戦(札幌)、同9日のベネズエラ戦(横浜)のメンバー23人を発表した。初選出されたのは5人で、今季4試合しか出場がないDF坂井達弥(23)=鳥栖、ルーキーのFW皆川佑介(22)=広島=といった所属クラブでは“控え選手”が選ばれた。

 代表リストが配られると報道陣からどよめきが漏れた。坂井は今季4試合しか出場がない。新人の皆川は今季7試合で2得点を挙げているが総出場時間は238分間で、プロC契約という年俸上限が480万円の契約しか結んでいない。初招集5人の中でもとびきりのサプライズだった。

 アギーレ監督は「ゼロからのスタート」と強調した。「若手か、ベテランか、初招集か代表でプレーしたことがあるか、海外組かJリーグかは区別しません」と今までの実績をリセット。自身とスタッフが視察したり映像をチェックした内容を重視した。

 坂井はアギーレ監督の就任が発表された7月24日以降、今月23日の大宮戦しか公式戦に出場しておらず、この試合をロペスGKコーチが視察。わずか1試合で監督のハートを射止めた形だ。

 指揮官の好みも明確になった。協会関係者は「各ポジションで左利きの選手を探していた」と証言する。坂井は左利きでスタッフ会議では「試合の組み立てもできる」と評価された。他にもGK西川、MF田中、扇原、FW本田とバランス良く左利きが選ばれた。

 さらに監督は会見で「走らない選手は呼ばれません」と明言。独自の理論として1試合に1人がボールを持つ時間を2分と仮定し、「残りの88分で何をしているかを私は見る」と、選考ポイントの一端を明かした。

 メンバー変動が少なかったザックジャパンとは対照的な選考となった。ウルグアイ戦の先発も「23人でもっとも状態のいい、直前の3つの練習でやりたいことを理解した選手を選びたい」と語った。W杯や過去の実績は全く関係なし。エース本田と言えども安穏とはできない激しい競争が始まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      日本代表バックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(日本代表バックナンバー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス