文字サイズ

MF相馬 大会MVP&得点王「自分の道を自分で切り開くと決めていた」

 「東アジアE-1選手権、日本3-0韓国」(27日、豊田スタジアム)   

 先制弾を決めたMF相馬勇紀(25)=名古屋=が大会MVPと得点王に輝いた。

 ホームの豊田スタジアムで後半4分、MF藤田の右からのクロスにファーサイドに走り込み、ヘッドでゴール左上へたたき込んだ。左CKで佐々木のゴールもアシスト。初戦の2ゴールに続き3得点し「この大会に臨む前に、チームのために結果を出して、自分の道を自分で切り開くというテーマを決めていた」と猛アピールした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス