文字サイズ

日本代表、9月欧州遠征で米国と対戦決定 森保監督「ヨーロッパ基準でもいい対戦」

 日本サッカー協会は21日、日本代表がW杯カタール大会前、最後の強化の場となる9月19~27日の国際Aマッチウイークで欧州にて同23日にアメリカと対戦すると発表した。

 オンライン取材に応じた森保一監督は「本大会に向けていい準備となる対戦相手と組ませてもらったなと思います。アメリカもW杯本大会で良い結果を残すためにベストをぶつけてくる。高いモチベーションで戦ってくると思うのでありがたい対戦相手と試合ができると思います」とW杯出場国との一戦を見据えた。アメリカはFIFAランキング15位で北中米カリブ海予選を突破し、2大会ぶりの本大会に出場する。

 本大会の1次リーグではスペインとドイツの欧州2カ国と同組。森保監督はアメリカには欧州でプレーする選手もいることを挙げ、「ヨーロッパ基準でもいい対戦ができるのかなと思います」と語った。

 この欧州遠征ではアメリカ戦を含め、W杯出場国と2試合を戦う方針となっている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス