文字サイズ

W杯最終予選 中国、サウジ選手は特例入国許可へ 親善試合ウズベキスタン戦は中止

 1月下旬から国内で開催するサッカーのW杯アジア最終予選の日本代表戦2試合に関し、政府が対戦相手の中国とサウジアラビアの選手らの入国を特例的に許可する方針であることが7日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス新変異株「オミクロン株」の水際対策強化で外国人の新規入国は停止されているが、公益性と緊急性を考慮した。

 日本代表は埼玉スタジアムで27日に中国、2月1日にサウジアラビアと対戦する。政府は2試合を予定通りに行えなければ代替開催などが難しく、最終予選に支障が出ることから「特段の事情」があると判断した。徹底した行動制限と防疫措置を条件とする。

 海外リーグでプレーする日本選手も含め、入国後の自主待機期間中に練習することも可能にする。一方、国内組については2月1日のサウジアラビア戦後、14日間の隔離措置が実施され、チームへの合流は認められない。日本代表として最終予選に参加した場合、2月18日からの開幕節には間に合うが同12日の富士フイルムスーパー杯には出場できない。

 また、日本サッカー協会(JFA)は21日に埼玉スタジアムで開催を予定していた国際親善試合のウズベキスタン戦を中止すると発表。オンライン取材に応じた同協会の須原清貴専務理事は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の世界的な感染拡大の影響により「本試合に向けたウズベキスタン代表の入国許可が日本政府より下りなかった」と理由を説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス