文字サイズ

J川崎レアンドロダミアンがMVP 史上9人目、得点王とW受賞「チームメートがいたから」

最優秀選手賞(MVP)を獲得した川崎・レアンドロ・ダミアン(撮影・堀内翔)
2021Jリーグアウォーズに登場した日向坂46・影山優佳(撮影・堀内翔)
最優秀選手賞(MVP)、得点王を獲得した川崎・レアンドロ・ダミアン。左はベストイレブンに輝いた神戸・アンドレス・イニエスタ(撮影・堀内翔)
3枚

 Jリーグの2021年シーズン表彰式にあたる「Jリーグ・アウオーズ」が6日、行われ、今季のMVPがレアンドロダミアン(32)=川崎=に決まったと発表された。初受賞。

 レアンドロダミアンは加入3シーズン目。19年が9得点、20年が13得点と積み重ね、今季は35試合出場23得点で前田大然(横浜M)と分け合う形で得点王のタイトルも獲得。MVPとのダブル受賞は昨年のオルンガ(柏)に続き、史上9人目となった。

 身長188センチの体格を生かしたポストプレーはもちろん、スペースが狭い中でもシュートを決め切る技術の高さ、フィジカルの強さを何度も披露。自分でボールを浮かせて狙うオーバーヘッドシュート(バイシクルシュート)は代名詞とも言える技術で、川崎の公式ユーチューブチャンネルには“まとめ動画”も公開されている。リーグ随一の攻撃力を持つ川崎をけん引した。

 レアンドロダミアンは「本当に幸せな気持ちでいっぱいです。いつも思っているんですけど、自分はチームのために、とにかくチームが勝つためにやり続ける。それをいつも思ってプレーしています。なので、この個人賞は、チームメートがいたからこそ、今、自分がここでもらえていると思っています。家族、妻、子供達。家族の存在もとても大切です。彼らの存在があるからこそ、このモチベーションを持って戦い続けることができています」とスピーチした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス