文字サイズ

大迫勇也が離脱 神戸ACL出場、日本W杯本大会出場へ影響半端ない!?豪州戦で負傷

 オンライン取材に応じる神戸・三浦監督(C)VISSEL KOBE
 12日のオーストラリア戦、競り合う大迫(左)
2枚

 J1神戸の三浦淳寛監督(47)が15日、福岡戦(16日・ノエスタ)に向けてオンライン取材に応じ、W杯アジア最終予選・オーストラリア戦(12日・埼玉)で途中交代した日本代表FW大迫勇也(31)が同戦での負傷により当面離脱となることを明かした。回復次第ではチームだけでなく、日本代表にも影響を及ぼすことになりそうだ。

 福岡戦の前日対応で三浦監督が大迫にアクシデントが発生していることを明かした。チーム状況を説明する中で「けが人ですが、徐々に復帰してきているというのもありますけれども、代表に参加した大迫のけがというのは少し残念だなと思います」と話した。

 負傷の詳細には言及しなかったが、当面の出場が難しいのか問われると「まあそんな感じです」と答えた。「なかなかベストメンバーが組めないというのが少し困っているところ」と福岡戦は欠場となる。

 大迫はオーストラリア戦の後半、右からのクロスに飛び込んだ際に相手と接触して転倒。その後、右脚付け根付近を指さし、異変が生じたことを伝えた。そして16分にFW古橋と交代していた。

 神戸ではFW武藤との2トップに布陣変更した2日の浦和戦(ノエスタ)で、加入後出場6試合目にして待望の初ゴール。チームは5得点大勝で、目標とするACL出場圏内の3位に浮上した。

 良い流れでの日本代表合流だったが、7日のサウジアラビア戦、オーストラリア戦ともに決定機を逃すなどして無得点。ただ、2試合とも1トップで先発起用したように森保監督の大迫への信頼は変わらない。

 日本代表は11月もベトナム、オマーンとのアウェー2連戦を控える。負傷が長引くようなら、ACL出場権獲得へラストスパートをかけたい神戸だけでなく、森保ジャパンにも影響が出てくることになる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス