文字サイズ

本田圭佑の新天地はリトアニア Jリーグのオファーなし「これだけないと言ったら」と笑う

 サッカー元日本代表の本田圭佑(35)が14日、移籍先がリトアニアのスドゥヴァ・マリヤンポレに決まったと発表した。自身の公式YouTubeチャンネルにおけるライブで明かし、「決めるまでには全然、時間がかからなかった」などと語った。現在リーグ1位にいる強豪で、背番号は3。

 本田は6月に退団してから無所属の状態が続いていたが、「Jリーグのオファーは正式なものはないですね。これだけないと言ったらあほらしいと思っている部分はあるかも。もしくは僕が単純に必要ないと思われているかも」と笑った。本田は移籍先の候補にJリーグはないことを以前から伝えていた。

 本田は2005年に名古屋でプロ選手としてのキャリアをスタート。2008年にVVVフェンロー(オランダ)に移籍して以降は海外でのプレーを続け、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)、パチューカ(メキシコ)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、ボタフォゴ(ブラジル)を経て、2021年3月に8カ国目となるネフチ(アゼルバイジャン)に移籍。リトアニアは自身9カ国目となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス