文字サイズ

セルティック移籍の古橋神戸ラスト試合で先制弾 C大阪新本拠地ヨドコウ第1号ゴール

 前半、果敢にシュートを放つ神戸・古橋(右手前)=撮影・辰巳直之
C大阪-神戸 前半、先制ゴールを決める神戸の古橋(左から2人目)=撮影・辰巳直之
2枚

 「明治安田生命J1、C大阪-神戸」(17日、ヨドコウ桜スタジアム)

 スコットランド・プレミアリーグのセルティックへの完全移籍が決まったFW古橋亨梧(26)が神戸所属選手としてのラストゲームに臨み、前半30分に惜別の先制ゴールを決めた。古橋はリーグ戦4試合連続の今季15得点目。得点ランキングトップを独走している。

 前半30分、右サイドでボールを持った古橋はDF酒井に縦パスを出し、エリア内に走り込んでワンツーのリターンを受ける。右足を振り抜きゴールを決めた。

 また、キンチョウスタジアムを改修して完成したC大阪の新本拠地・ヨドコウ桜スタジアムのリーグ戦初ゴールとなった。ヨドコウ桜スタジアムでは天皇杯やU-24日本代表戦がすでに開催されているが、J1リーグ戦が行われるのは今回が初めて。こけら落としイベントとして試合前には大阪市・松井一郎市長が「大阪市はホームタウンとしてセレッソさんの応援をしていきたい。熱い思いでコロナを吹き飛ばし、スポーツの力で大阪を盛り上げてほしい」などとあいさつした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス