文字サイズ

吉田、遠藤航、酒井でYES!完封! 堂安「頼もしすぎ」田中「段違い」OA別格守備

 前半、チーム2点目のゴールを決めた久保建(左)と喜ぶ吉田
 前半、ボールを競り合う遠藤航
 前半、ボールを追う酒井(中央)=撮影・北村雅宏
3枚

 「国際親善試合、U24日本代表6-0U24ガーナ代表」(5日、ベスト電器スタジアム)

 オーバーエージ(OA)が別格であることを証明した。東京五輪で3人まで起用できるOAのDF吉田、酒井、MF遠藤航が初めて先発メンバーで同時起用され、ベストと目される布陣が並んだ。

 日本代表との強化試合で露呈した立ち上がりの不安定さは皆無だった。遠藤航、酒井を中心に強度の高い切り替えで相手ボールを即時回収し、敵陣に押し込み続けた。吉田は後半、MF田中が悪質なファウルを受けた際には、鬼の形相で相手に詰め寄るなど主将の責務を果たした。

 日本代表でも3人を知るMF堂安は「3人が頼もしすぎた。すごさを改めて感じた」と脱帽すると、MF久保建も「あの3人は抜けている」と声をそろえ、右サイドで連係した酒井についても「本当にモノが違う」と称賛を惜しまなかった。田中はボランチで組んだ遠藤航を「段違い。隣でプレーさせてもらって幸せ」とまで言った。

 堂安が「伸び伸びプレーさせてもらった」と振り返ったように、後方の安定感に押し出される形で攻撃も機能した。ほぼU-20世代だが、五輪初戦を想定した“仮想南アフリカ”から6得点。OAに攻撃的な選手を起用しなかった危惧を拭い去るような大勝だった。

 横内監督代行は「攻守のギアを入れる時に発信してくれた」とOAへの信頼を寄せた。吉田は「試合をうまく運べればもっといいチームになる」と五輪への手応えをにじませた。移動のアクシデントや中1日の不利にも、たくましく勝利を得た。金メダルという目標を掲げる資格の一端を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス