文字サイズ

ヘタフェ・久保建英 今季初Gが1部残留決定弾!後半途中出場で降格ピンチ救った

 後半、ゴールを決め祝福されるヘタフェ・久保建英(中央)=共同
 決勝点となるシュートを放つ久保建英(ゲッティ=共同)
2枚

 「スペイン1部リーグ、ヘタフェ2-1レバンテ」(16日、ヘタフェ)

 スペイン1部ヘタフェのMF久保建英(19)はホームのレバンテ戦で今季初ゴールとなる決勝点を挙げた。2-1で競り勝ったヘタフェは1部残留を決めた。チームは連敗を3で止めて勝ち点37として、2部に降格する18位以下の可能性が消えた。

 雄たけびを上げながらピッチを駆け回り、珍しく喜びを爆発させた。1-1の後半39分。1部残留を懸けた一戦で久保が決勝ゴールを突き刺した。チームメートにもみくちゃにされた後には背番号「5」のユニホームを脱ぎ、誇らしげに空へ向かって掲げた。出番が限られる不遇を味わったシーズン。テレビインタビューでは「今季はビリャレアルとヘタフェで苦しんだ。だから今日はとてもうれしい」と、素直な思いが口を突いた。

 5試合連続ベンチスタートで後半30分に投入された。「(残留を争う)エルチェが勝っていると知り、引き分けでは意味がなかった」。圧巻のプレーは9分後だ。相手GKの中途半端なパスを中盤で奪うと、そのままドリブルで仕掛ける。ペナルティーエリアの直前で左へ持ち出すと、強烈なシュートを突き刺して勝ち点3を引き寄せた。

 今季加入したビリャレアルで期待された活躍ができず、出場機会を求めて1月にヘタフェへ。新天地でも存在感を示せず先発を外れるようになったが「試合に出なくてもしっかり練習していた。監督もそれを知っている」。地道な努力が、この大一番で実を結んだ。

 「今はロッカールームに戻って喜びたい。(スタジアムの)外にたくさんの人たちがいるのを見た。彼らと一緒に今の気持ちを分かち合いたい」。値千金の今季初ゴールで1部残留に導いた救世主は、サポーターへの感謝を忘れなかった。やっと輝きを放った19歳。苦しんだこの1年は必ず、飛躍への礎となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス