文字サイズ

G大阪社長「腹をくくった形でのジャッジ」中止6試合“みなし開催”での敗戦も覚悟

 新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生したJ1G大阪は10日、2週間程度の活動休止と新たに3試合の中止を発表した。同日午後6時から小野忠史社長(59)がオンライン上で緊急会見し、7日に一度活動を再開させながら、再び休止となったことに「甘さがあった」と認め、事態を謝罪した。

 9日から2週間程度の活動停止となるG大阪は計6試合の中止が決定。代替開催が用意できなければ、今季のJリーグで適用される「みなし開催」で帰責性のあるチームは0-3の敗戦となる。

 小野社長は「6試合、腹をくくった形でのジャッジ」と“みなし敗戦”も覚悟した上での決断だと認める。しかし0-3で“6連敗”したとなると、優勝争いどころか一気に降格の危機を迎えることにもなる。

 代替開催については相手やリーグの都合もあり、小野社長は「勝手なことは言えない」と答える。しかし「ガンバとしては中1日でもチャレンジしたい。我々は無理をしてでもやるという覚悟」と思いを訴えた。

 「みなし開催」の規約を求めるつもりはないのかも問われたが、「元々決められてシーズンを迎えていますので、わがままは通用しないと分かっております」と答えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス