文字サイズ

森保監督、3月末もA代表優先 微熱で先週末の視察取りやめもコロナは陰性

 サッカー日本代表と東京五輪世代のU-24(24歳以下)日本代表を兼任する森保一監督(52)が2日、オンライン取材に応じ、両チームの活動期間が重複する3月末について、従来通り日本代表を優先し「五輪の方に行けるなら試合を見たい」との考えを明かした。

 U-24代表のアルゼンチン戦については「選手個々、チームのレベルアップをして、その先に進んで行けたら」と抱負を語った。

 微熱などにより先週末のJリーグ視察を取りやめており、新型コロナ感染も心配されたが、この日スマートアンプ法による検査で陰性が確認された。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス