文字サイズ

神戸のルーキーMF桜井辰徳がデビュー 高校卒業式は欠席も「良い報告ができます」

 大分に勝利し、タッチを交わす神戸イレブン=昭和電ドーム
後半、ドリブルで攻め込む神戸・増山(右)。中央は中坂=昭和電ドーム
前半、ヘディングで同点ゴールを決める神戸・増山(奥右)=昭和電ドーム
3枚

 「ルヴァン杯・B組、大分1-3神戸」(2日、昭和電工ドーム大分)

 今春高校卒業の神戸のルーキーMF桜井辰徳(18)がプロデビューを果たした。

 先発でダブルボランチをMF安井と組み、持ち味のパスでゲームをコントロールした。「最初は緊張しましたが、意外とすんなり入れました。落ち着いてできた」と初陣を勝利で飾った。

 G大阪との開幕戦翌日にルヴァン杯のメンバーは全員変更するという話を聞き、出場を意識したという。後半6分のMF中坂による勝ち越し点のシーンでは、直前にMF増山のクロスを桜井がヘディングで狙った。これがGKに阻まれて、こぼれ球を中坂が押し込んだ。「決めないといけないシーン」とデビュー戦弾を逃して悔しがった。

 前橋育英高校は1日が卒業式だった。桜井は卒業式に出席できなかったが、同級生と電話をしてJリーグでの活躍を激励されたという。「あのシーンで得点できていたらもっと良かった。それでも良い報告ができます」と思い出に残るプロデビュー戦を振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス