文字サイズ

来日いまだかなわず…徳島・ポヤトス監督、開幕戦はリモート采配なしの“ノータッチ”

 J1徳島のダニエル・ポヤトス監督(42)が、27日の開幕戦の大分戦(昭和電ド)で、リモートなどを含めて試合中に限っては指揮を執らず、“ノータッチ”となることが24日わかった。

 今季からチームを率いるポヤトス監督は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の影響で、いまだ来日がかなわず。開幕戦のベンチには間に合わない。ライブ配信で観戦しながらの遠隔指揮なども検討されたが、現場の判断を優先し、ハーフタイムも指示を出すことはしないという。先発メンバーも日本にいるスタッフの意見をもとに決定されるという。代わってチームを指揮する甲本偉嗣ヘッドコーチ(41)は「監督から自信を持ってやってくれとか、信頼をすごく感じる。前向きにチャレンジできると思う」と、明るい表情で語った。

 一方で主将のMF岩尾憲(32)は「正直に言うと、もう少し準備の時間が欲しかった」と、偽らざる本音も語った。キャンプ中のミーティングや、プレシーズンマッチなどの指示もリモートで行われた。監督不在の現状を「想定内」としながらも「タイムラグはどうしてもある。監督の話を聞いてすぐに修正するということはできない状態。昨シーズンからの戦術変更がある中で(チームへの浸透が)格段に遅い」と、とまどいも。

 「僕らはピッチで必要とされるプレーを正しく選んでいく必要がある。それができればチャンスは増えるし、チャンスが増えれば勝ちに近づく」と岩尾。順風満帆な船出ではないかもしれないが、勝利はもちろん、チームとしての成長も追い求め、7季ぶりのJ1に挑む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス