文字サイズ

サッカー日本代表森保監督、3月W杯予選は「国内組で戦うことも」3つのパターン想定

 サッカー日本代表の森保一監督(52)が13日、今年最初のオンライン取材に応じ、3月に予定されているW杯アジア2次予選に臨むメンバー編成について、国内組のみ、海外組のみ、通常通りの「3つのパターンを考えたい」と語った。

 W杯予選は3月25日にミャンマー戦(日産ス)、同30日に敵地モンゴル戦を控えるが、新型コロナウイルスの変異種が拡大していることで政府による水際対策が厳格化されており、海外組の帰国や外国人選手の入国についても不透明な部分が多い。

 森保監督は「国内組で戦うことも考え、コーチたちと選考を議論したい」と言及したが、国内組がモンゴルから帰国後に自主隔離が義務付けられればリーグ戦の出場に影響が及ぶため、所属クラブが招集に応じない可能性もある。指揮官は「考えられる範囲でいろんな対応をしていきたい」と語ったが、今後も予断を許さない状況が続く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス