文字サイズ

J1神戸は勝てば首位通過 三浦監督「当然勝ちにいく」 GK前川は英語で会見

 「アジアCL・1次リーグ、神戸-広州恒大」(28日、アルワクラ)

 G組の神戸は28日午後1時(日本時間午後7時)からアルジャヌーブ・スタジアムで広州恒大(中国)を対戦する。27日は試合会場で三浦淳寛監督(46)とGK前川黛也(26)が前日会見に臨んだ。既に決勝トーナメント進出を決めている神戸は、勝てば同組首位も確定する。三浦監督は「明日も当然勝ちにいく」と首位突破へ意気込んだ。

 25日の広州恒大戦から中2日の連戦となる。選手起用については「今日の練習後に選手のコンディションを把握した上でメンバーを決めたい」と話すにとどめたが、今後の戦いを見据え36歳のMFアンドレス・イニエスタ、34歳のDFトーマス・フェルマーレンらの温存も視野に入ってくる。

 前川は英語で質疑応答に挑戦し、「必ず勝たないといけない。勝つことでたくさんのエネルギーが得られる。次に進むための原動力になる。最大の目標はアジアNo.1」などと語り、2年間続けてきたという英会話の成果を発揮した。クラブの公式SNSでは「こういう機会を使って、自分の英語にトライできてうれしい」と笑みを浮かべた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス