文字サイズ

“川崎の象徴”中村憲剛が今季限りでの現役引退発表「いつかはこの言葉を言う日が…」

 引退会見で笑顔でふろん太君と肩を組む中村憲剛(川崎フロンターレ公式YouTubeチャンネルより)
オンラインで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明したサッカーJ1川崎の中村憲剛=1日(クラブ公式ユーチューブチャンネルから)
今季限りでの現役引退を表明し、小林から花束でねぎらわれるサッカーJ1川崎の中村憲剛(右)=1日(クラブ公式ユーチューブチャンネルから)
3枚

 サッカーJ1川崎の元日本代表MF中村憲剛(40)が今季限りで現役を引退することが1日、発表された。同日午後、クラブの公式YouTubeチャンネルなどでオンライン会見がライブ配信された。

 スーツ姿で会見に臨んだ中村は「私、中村憲剛は今シーズン限りで川崎フロンターレを引退します」と発表。「いつかはこの言葉を言う日が来るんだろうなとわかっていたが、今日皆さん言うことができて、ためていたものがあったので、ホッとしているというかスッキリしている。そういう気持ちですね」と清々しい表情で語った。

 中村は2003年に中大から当時J2の川崎に加入。そこから川崎一筋18年目となるクラブの象徴的存在だった。高い技術とパスセンスを生かして川崎の攻撃サッカーをけん引していきたが、なかなかタイトルには恵まれなかった。それでも最終節まで優勝争いをした2016年には、リーグMVPにも選出。36歳での受賞は史上最年長で、後にギネス世界記録にも認定された。

 続く2017年には悲願のリーグ初優勝。18年にはJ1連覇、19年にはルヴァン杯優勝と近年は3年連続でタイトルを獲得。だが、昨年11月に左膝前十字じん帯損傷の大けがを負って長期離脱。8月29日のリーグ清水戦で先発して復帰すると、同戦で今季初ゴール。さらに、プロのキャリアの中で「誕生日と試合が重なるのは初めてだと思う」という10月31日のFC東京戦でも決勝点をマークするなど“役者の違い”を見せつけていた。

 40歳0カ月0日でのゴールは、J1史上6番目の年長記録だった。これを上回る記録を達成したのはジーコ(鹿島・41歳3カ月12日)、三浦知良(横浜FC・40歳6カ月6日)、中山雅史(磐田・40歳5カ月21日)、中沢佑二(横浜M・40歳1カ月14日)、ドゥトラ(横浜M・40歳1カ月3日)の5人のみ。それだけにFC東京戦後は「みんなレジェンドじゃないですか。スーパーレジェンド。1人神がいた、ジーコさん」と自身も驚きの様子だったが「みんなが(ボールを)運んでくれないと点が取れない。感謝しかない」と話していた。

 偉大な記録を記憶に残る形で達成した翌日だけに、大きな驚きと共に川崎が誇る名手の現役引退発表となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス