文字サイズ

C大阪・清武が連敗止めた!途中出場1ゴール1アシストの活躍

 「明治安田生命J1、仙台2-3C大阪」(27日、ユアテックスタジアム仙台)

 2位のC大阪はMF清武弘嗣(30)が1得点1アシストと奮闘し、仙台に3-2で競り勝って連敗を2で止めた。仙台は6連敗。

 技術と精神力の粋を集めた一撃だった。MF清武が2-2の後半46分に劇的な決勝ゴールを決め、2連敗中だったC大阪が逆転で3試合ぶりの勝利を飾った。

 首位追走へ引き分けすら許されない一戦。左サイドから内へ切れ込み、芸術的なコントロールショットを沈めた。「時間がなかったので丁寧に打とうと思った」。淡々と振り返ったが、残り時間も考慮すると難易度は並大抵ではなかった。

 1点を追う後半23分に途中出場して1得点1アシスト。ロティーナ監督は「ゴラッソ(スペイン語で素晴らしいゴール)が生まれ、勝つことができた」と背番号10をたたえた。

 次節は勝ち点差11で首位を走る川崎をホームに迎える。「自分たちの力を試すいい機会」(清武)。直接対決で勝ち点差を縮め、優勝戦線を活気づける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス