文字サイズ

横浜Mが4戦連続3得点で5位浮上 首位と20差も「最後はどうなっているか」

 「明治安田生命J1、柏1-3横浜M」(27日、三協フロンテア柏スタジアム)

 横浜Mは4試合連続3得点で柏に逆転勝ちし、4連勝を飾った。

 途中出場したスピードのある2人が攻撃を活性化した。後半開始から出場し、3試合ぶりのピッチとなった昨季MVP&得点王のFW仲川輝人が同32分、さっそくFWエリキの5試合連続得点となる同点を演出した。同37分にオウンゴールで逆転に成功すると、最後は同19分に投入された前田大然が「なんとかしたかったのでよかったです。流し込むだけでした」と試合を決定づける3点目を奪った。

 前半に先制を許したが、ポステコグルー監督は「強いメンタリティで最後まで戦ってくれた」と戦いを評価。「前にスペースがあった。そこに入っていこうとした」と後半はさらにマリノスの攻撃的なサッカーを展開した。

 同じ勝ち点30だった柏を倒して5位浮上。首位の川崎とは勝ち点20差ではあるが、指揮官は「最後はどうなっているか分からない」と戦う姿勢は崩さない。「ポイントがどれだけ離れているかよりどうやって水曜日(次節)に向けてやるか」と次の戦いを見据えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス