文字サイズ

顔面流血の神戸GK前川黛也「試合では起こること」C大阪・都倉からの謝罪明かす

 J1神戸は18日、次節名古屋戦(19日、豊田ス)に向けて神戸市内で非公開の最終調整を行い、GK前川黛也(26)がオンラインでの取材に応じた。

 前川は16日のC大阪戦(ノエスタ)の前半、こぼれ球を巡ってFW都倉賢(34)と激突した際に顔面を蹴られ流血した。額を6針縫ったという前川だが「切り傷だけで、脳に何かあるとかも全くなくて軽傷です」と笑みを浮かべた。左目付近を腫らしながらも最後までゴールマウスに立ち続けた守護神は「やれるからやっただけで、これ以上腫れて見えづらかったら、チームに迷惑をかけるくらいなら自分からピッチを出ようと思っていたが、血が出ただけで支障はなかった」と試合を振り返った。

 都倉からは試合中に謝罪を受け、試合後も通路で待っていた都倉から「本当にゴメンね、大丈夫?」と改めて頭を下げられたことを明かし、「サッカーではあること。わざとではないので問題ないし、試合では起こること」と理解を示した。

 前川は練習も通常通り行っており、試合出場も可能という。チームは公式戦7試合連続未勝利と苦しい状況が続いているが「持ち前の明るさで、うまくチームにいい影響を与えられれば」と浮上を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス