文字サイズ

J1鳥栖、12日広島戦へ準備監督が感染、選手ら89人検査

 金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染が分かったサッカーJ1鳥栖は11日、竹原稔社長がオンラインで記者会見に臨み、12日のYBCルヴァン・カップ、広島戦について「濃厚接触者は確認されているので、開催はできると思っている」と見解を示した。選手ら89人のPCR検査を実施した。選手は自宅待機しており、検査結果の判明後に広島へ移動する予定。

 金監督は試合前に違和感があったというが、8日夜の鹿島戦を指揮。9日に発熱し、10日にPCR検査を受けて陽性と確認された。佐賀県によると、発症日は8日という。スタッフ3人が濃厚接触者と判定されたが、選手にはいなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス