文字サイズ

J1広島・ペレイラ先制弾 神戸の隙突き3得点完勝

 「明治安田生命J1、神戸0-3広島」(4日、ノエビアスタジアム神戸)

 2月下旬の第1節以来、約4カ月ぶりに“蹴音”が戻ってきた。新型コロナウイルスの影響による中断が明け、無観客で再開。

 相手の隙を突いて3得点を奪い、完勝した。先制点は前半35分。左CKからMFハイネルが頭で流したところをFWレアンドロペレイラがしっかりと詰めた。城福監督は「ああいう(押し込まれた)展開の中でセットプレーで点を取れた」と高く評価。その後もカウンターから得点を重ね、神戸を一蹴した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス