文字サイズ

J3讃岐、Jリーグデビューの川崎&栗田がゴールも逆転負け

 「明治安田生命J3、讃岐2-3G大阪U-23」(28日、Pikaraスタジアム)

 J3讃岐がホームでの今季開幕戦を惜敗で落とした。

 無観客で行われたが、試合前から「リモート応援」システムを利用したサポーターの声援が流され、選手の背中を押し続けた。

 前半は1点をリードされて折り返した讃岐。後半19分にFW川崎、その1分後にはFW栗田とJデビュー戦の2人がゴールを決めて逆転。しかし讃岐での初采配となった望月監督が「逆転して受けに回ったときに、アグレッシブさがなかった」と振り返るように、後半30分に同点に追いつかれると嫌な流れを断ち切れず、35分に決勝ゴールを許した。

 「若い選手は経験不足で、ゲームを作れなかったな、と感じている」と、望月監督。この日のスタメン11人のうち6人がJリーグデビュー戦。デビュー戦初ゴールを決めた栗田だが「プレッシャーを感じてしまった。前半は(自己採点)20点ぐらい」と悔しさをあらわにした。

 結果はついてこなかったが、思い切った若手起用でチームの変化を印象づけた。次戦はアウェー鹿児島戦。J2復帰へ向け、まずは1勝を手に入れる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス