文字サイズ

Jリーグ、子連れの観客の“ディスタンス”は?「常識の範囲で運用できる」と見解

 Jリーグが22日、第10回臨時合同委員会を行い、ウェブを用いて会見を開いた。観客の入場を再開した際、席の間隔を一定程度あけて販売されるが、家族連れで小さな子供がいる場合などについて、質問が出た。

 観戦環境対策を担当する藤村昇司プロジェクトリーダーは「家族は家でずっと密着して生活しているので、スタジアムに行ったら離れなさいというのはおかしな話なんですけども…」と論理的な面から理解を示しながらも、例外を認めると「家族である」ことを主張して距離をとらずに観戦する人が増えるなど、運営側がコントロールできなくなる事態を懸念。「まずは1席、2席あけた状態で販売しましょうと(なっている)」という施策をとったと説明した。

 ただ、現場レベルの判断で、「小さい子供は膝の上にいた方がいいでしょうとか、みんなの常識の範囲で運用できると思います」との見通しを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス