文字サイズ

J1再開は7月4日に決定 観客は7月10日以降から段階的に入れる方針に

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は29日、臨時実行委員会をウェブ上で開催し、新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断しているJ1を7月4日に再開することを決めた、J2再開とJ3開幕は6月27日。再開時は無観客で行うが、政府の指針に沿って7月10日以降は段階的に観客を入れる方針も示された。また、公式戦再開に先立ち、全選手を対象としたPCR検査を実施する。

 Jリーグのある週末が戻ってくる。臨時実行委員会後、オンライン上での会見で村井チェアマンは「再開を決めたことに伴って、(試合開催に向けての)ガイドラインの整備も進めていきたいと思います」と語った。

 ただ、再開日程は簡単には決まらなかった。リーグ側は今後の第2波や台風等の天災に備え、予備日を確保できる6月27日再開案を提案。だが首都圏や関西のクラブからは準備期間の短さから7月再開を主張する声が上がり、議論は紛糾した。

 地域ごとの感染状況の違いだけではなく、経営を重んじるクラブ、選手のコンディションを優先するクラブなど各クラブ間でもさまざまな思惑が交錯。最終的には村井チェアマンが全クラブからの意見を聞き、6月再開の賛成が多かったJ2、J3と、7月4日再開を主張する声が多かったJ1で、再開日程を段階的に分ける形で決着した。

 会議は予定を90分オーバーして3時間半に及んだ。「Jリーグはここまでクラブ数があるからこそ議論が白熱する。一つの結論に至ったら小異を捨てて大同につこうという約束があって議論した」と村井チェアマンは振り返った。

 それでも、再開後は早い段階で集客を見据えた運営へとシフトしていく。政府の指針に沿う形で「7月10日以降は大きな問題がなければ、お客様を段階的に迎え入れる」。選手や関係者を対象に2週間に1度のPCR検査を行うめどもたち、消毒液12トン、マスク7万枚、サーモメーター450台といった物資面も確保。再開に向けての準備を進めていく。

 さまざまな意見が混ざり合った末に決まった再開日程。ここからはリスクを管理しながら、失った日常への回復に近づけていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス