文字サイズ

INAC神戸、図書館に殺菌成分入り美容液寄贈 読書家の鮫島「一石二鳥なのでぜひ」

 サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のINAC神戸は27日、殺菌成分を含んだ美容液計550本を神戸市内の文化・スポーツ施設に寄贈し、安本卓史社長(47)と読書家で知られるDF鮫島彩(32)、MF高瀬愛実(29)が神戸市の東灘図書館で行われた贈呈式に参加した。

 美容液には保湿効果もあり、鮫島は「本はいろんな方が触れるし、触れていただきたいもの。保湿しつつ消毒もできて一石二鳥なので、ぜひ有効活用してほしい」と話した。

 チームは4月4日から活動を休止しており、選手は自主練習を続けているが、緊急事態宣言解除を受け、来週にも全体練習を再開する予定となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス