文字サイズ

J2山口・霜田監督、地元サッカー部員とオンラインミーティング 成長への考え方伝授

 サッカーJ2山口は20日、同県立西京高のサッカー部員らとオンライン上でのミーティングを開催。霜田正浩監督(53)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校中となっている高校生に対してメッセージを送った。

 日本協会の技術委員長など、国際的な経験も豊富な霜田監督。映像やスライドを用いて、個人、チームが成長するための考え方などを説明。約1時間のミーティングは「クラブでも選手に良く話していることです」。終了後には「本当は対面してグラウンドでやりたかったが、こうしてつながれて、楽しかった」と話した。

 高校総体の中止が決まり、この日は夏の甲子園の中止も決定。参加した生徒は「サッカーに不可能はないと言われていて、本当にその通りだなと。総体がなくなって目標がなくなったが、まだ選手権は希望がある。日本一に向かって頑張って行きたい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス