文字サイズ

ドイツLが静かな再開 握手や円陣は行われず“社会的距離”意識も

 「サッカー・ドイツ1部、フランクフルト1-3ボルシアMG」(16日、フランクフルト)

 新型コロナウイルスの感染拡大による中断が明け、世界の主要プロスポーツの先陣を切って約2カ月ぶりに再開した。MFの長谷部誠(36)と鎌田大地(23)のアイントラハト・フランクフルトはボルシアMGに1-3で敗戦。ホームで先発した鎌田は後半33分に退き、長谷部は同29分から途中出場した。

 6試合全てが無観客で行われ、リーグが定めた指針に沿った感染予防策が講じられた。だが、ヘルタの試合では得点に喜んで選手同士がキスする場面も。ラバディア監督は「ゴールを祝うのはサッカーの一部」と擁護。現地メディアによるとリーグによる罰則は特にない。

 多くの試合ではゴール後に選手が抱き合うことはなく、肘を合わせて喜ぶなど「社会的距離」を意識した。選手入場は両チームが時差をつけてピッチに入り、ベンチの選手は原則的にマスクを着用。試合前の握手や肩を組む円陣など見慣れた行動もなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス