文字サイズ

サッカーW杯アジア2次予選原則延期に 安全基準満たしチーム同士合意した場合は開催

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月と6月のワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を原則延期すると発表した。アジア・サッカー連盟(AFC)と合意した。FIFAとAFCの承認を受けた上で安全面の基準を満たし、当該チーム同士で合意した場合は予定通り開催できる。

 日本は3月26日に愛知・豊田スタジアムでミャンマー、31日にアウェーのウランバートルでモンゴルと対戦し、6月にはタジキスタン、キルギスと顔を合わせる予定だった。延期された場合の代替日は未定。

 FIFAとAFCは5日、各国協会に対して延期を提案するとの声明を出し、試合の実施について「人々の健康が最優先」であると強調していた。モンゴルが日本からの渡航者の入国制限措置を決めるなど、予定通りの開催が難しい情勢になっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス