文字サイズ

W杯予選、森保ジャパン2戦延期も 止まらぬ新型コロナ影響…AFC緊急会議へ

 アジアサッカー連盟(AFC)は27日、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大を受け、加盟各国の代表者による緊急会議を行うと発表した。3月下旬にアジア各地で行われるW杯アジア2次予選などの大会予定について協議されると見られ、日本代表のミャンマー戦(3月26日・豊田ス)、モンゴル戦(同31日・ウランバートル)の試合日程が延期される可能性が出てきた。

 新型コロナウイルスの影響はアジアサッカー界にも及んだ。AFCによると、東アジア各国の代表者を週明けの3月2日に、西アジア各国の代表者は来週末に、本部のあるクアラルンプール(マレーシア)に緊急招集して会議を行うと決めた。

 一番の懸念は3月のW杯予選。中国、日本、韓国といった東アジアだけではなく、イランなどアジア全土に感染は広がっている。感染者が確認されていない地域でも、渡航を制限している国が多い。日本代表も3月31日にモンゴルと敵地で対戦予定だが、同国政府は26日に国家非常事態特別委員会を開催して、日本からの渡航者に対する入国制限措置を決定。同措置が解除されなければ、日本からの選手団派遣は事実上不可能となる。

 AFCの理事も務める日本協会の田嶋幸三会長は都内で取材に応じ「実際にこういう時にやるのが良いのか。そこにメスが入ると思うし、入れなければフェアじゃない」と日程変更の可能性に言及。22年カタール大会が11、12月開催のため、予選日程には余裕があり「動かそうと思えば(動かせる)というところはある。我々から提案したい。こういうカレンダー(日程)でできるでしょって」と延期を含めた日程再編を求めていく構えを示していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス