文字サイズ

FC大阪マーケティングダイレクターに元府議の青野剛暁氏就任

 サッカーJFLのFC大阪は23日、マーケティングダイレクターとして、元大阪府議の青野剛暁氏(45)が就任することを発表した。

 FC大阪のホームタウンである東大阪市出身の青野氏は東大阪市議を2期7年、大阪府議を3期10年務めた。現在、東大阪市サッカー協会会長でもある。青野MDはクラブを通じ、次のようにコメントした。

 「初めまして、FC大阪マーケティングダイレクターに就任することになりました、青野剛暁です。

 東部大阪の中心東大阪市にホームタウン、ホームスタジアムの拠点を置き、Jリーグ入りを目指すプロサッカークラブの大きなチャレンジに関われる事は、大変光栄に感じています。プロサッカークラブが秘める力を、ホームタウン東大阪市を中心に東部大阪エリアに浸透させて行く事が僕の仕事の一つです。

 その為にクラブと共に歩む魅力、

 クラブと共に創り上げる街づくりの魅力、

 クラブと共に感じるサッカーの魅力を多くの方々に感じて頂きます。

 又、クラブが放ち続ける魅力を未来の子供達のステージ創りの為にも、ホームタウン大阪府東大阪市から、世界へ届けて行く活動も重要です。サッカーの力が街を動かす。クラブが背負うミッションに私自身が一番魅了され、クラブ経営に関わる事を決断した理由です。

 昨年は ホームタウン東大阪市での公式戦は、残念ながら1試合のみ。盛り上げる最大の武器は、選手が、ガムシャラに走り続ける迫力あるプロの試合を複数ホームタウン東大阪市に準備し、ライブで観戦して頂く機会を増やす事です。多くの市民・府民と共に、スタジアムでJリーグへの挑戦を共に歩んで行きたいです。

 サッカーファン以外の方々にも、FC大阪と出会う事で、サッカー文化の魅力を感じて頂き、ワクワクするインパクトをお届け出来る1年にして参ります。

 これまで東大阪市・大阪府全域の街づくりに道筋を付けてきた経験を、ネクストキャリアとして、クラブ経営に活かし、FC大阪のJリーグ入りを実現して行きます」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス