文字サイズ

MF食野 G大阪の同期堂安とプレー「楽しみ」U22日本代表に合流

 サッカー男子の東京五輪世代にあたるU-22(22際以下)日本代表は12日、国際親善試合U-22コロンビア戦に向けて広島市内で午前、午後の2部練習を行い、この日から合流したMF食野亮太郎(21)=ハーツ=ら16人が汗を流した。食野は「同じ舞台で戦えるのはすごく楽しみ」と、G大阪下部組織の同期でもあるMF堂安律(21)=PSVアイントホーフェン=とのプレーを心待ちにした。

 遠くにあった背中が今ははっきりと見える。食野は「同じ舞台で戦えるのはすごく楽しみ」と堂安との“競演”を心待ちにした。

 食野と堂安はG大阪下部組織の同期で誕生日も2日違い。堂安は各世代別代表に選出され既にA代表でもプレーしているが、食野は10月のU-22代表ブラジル遠征が初の代表選出だった。「追いついたとは思ってないが、律の背中を見てずっとプレーしてきた」と率直な思いを口にした。

 今季開幕はJ3で迎えたが、夏には英プレミアリーグのマンチェスターCに完全移籍し、期限付き移籍先のスコットランド1部ハーツで2得点を挙げるなど環境は激変した。

 U-22ブラジル戦では2シャドーの一角として先発出場し、鋭いドリブルで持ち味を発揮。「自分の特長にぴったりのポジション」と自信を深めた。東京五輪出場も現実味を帯び「出たいっていう欲が出てきた」と語る。

 帰国した11日に広島入り。この日の午前練習は別メニュー調整だったが、午後はフルメニューを消化した。「成長した姿を見せたい」と力を込めた21歳の描く成長曲線は、東京五輪まで続いている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス