文字サイズ

FC大阪、連勝2でストップ DF岩本主将の復帰戦飾れず

 アキレス腱断裂の大ケガから復帰を果たしたDF岩本
2枚

 「JFL、FC大阪0-1東京武蔵野シティ」(20日、服部緑地陸上競技場)

 サッカーJFL第24節が行われ、大阪から3番目のJリーグ入りを目指すFC大阪は、ホームで、0-1で東京武蔵野シティに敗れ、暫定12位となった。

 台風による影響から、前節が中止順延となったFC大阪にとって約1カ月ぶりのJFL公式戦。4月に行われた第5節でアキレス腱断裂の重傷を負った、キャプテンDF岩本の復帰試合となる。

 前半開始から激しいボールの奪い合いとなり一進一退の攻防を繰り広げる。徐々にFC大阪がボールをキープして、やや優勢に試合を進めるが、なかなかシュートまで持ち込むことができない。32分、FC大阪はMF熊田がFW稲垣とのワンツーで抜け出しシュートを放ったが、惜しくも枠の外。その後もFC大阪が優勢な状態だったが、得点のないまま試合を折り返す。

 後半に入っても、FC大阪が優勢ながら得点に結びつかない。その中で迎えた15分、武蔵野MF金井にシュートを放たれると、ブロックに当たり、大きく弧を描いたボールがゴールに吸い込まれた。

 同点を狙うFC大阪は攻撃的な交代のカードを切って立ち向かい、相手ゴール前まで攻め込んだが、最後まであと1本がつながらず、そのまま試合終了。岩本主将の復帰試合を白星で飾ることはできず、連勝は2でストップとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス