文字サイズ

DF植田がW杯予選初出場、序盤で「少しバタバタ」も完封勝利に貢献

 「W杯アジア2次予選、タジキスタン0-3日本」(15日、ドゥシャンベ)

 DF植田がW杯予選初出場。完封勝利に貢献した。10日のモンゴル戦でDF冨安が左太腿裏を負傷。敵地での一戦で出番が回ってきた。「試合の入りは少しバタバタした。人工芝に対応しないといけないところもあったが、そこまで含めてアウェーなので。(今後は)解決策を見いだしていきたい」。

 自身にとってはW杯予選で初出場となったが「予選だからという意識はなく、一つの試合として全力でやっていくだけだと思っていた」と話す。チームとしては9月のパラグアイ戦から4戦連続で無失点。「(守備陣で)この予選に限らず、継続していこうと話していたので」と充実した表情だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス