文字サイズ

イニエスタあと2年は神戸で 23日に盟友の引退試合、引き際語った

 J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)が21日、神戸市内で報道陣の合同インタビューに応じた。自身の引き際について「契約は2年残っているので、それが終わってどうなるか考えたい」と語り、少なくともあと2年、神戸でサポーターを魅了し続ける決意を口にした。

 23日の鳥栖戦(駅スタ)は、スペイン代表時代にともにプレーしたFWフェルナンドトーレス(35)の引退試合となる。盟友が引退を決意したことを受け、自身が頭に描いている引き際については「神戸でプレーできること、貢献できること、今この時間を本当に楽しんでいる」と、あふれんばかりの“神戸愛”が口を突いて出た。

 「彼の引退試合を日本で、対戦相手として戦うのは本当に不思議な出来事。彼には素晴らしい試合をしてほしいが、結果として神戸が勝てば最高かな」。特別な思いで迎える鳥栖戦。世界最高峰のプレーで盟友を送り出す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス