文字サイズ

サッカー森保監督「恩返しを」 宮城県知事を表敬訪問

 宮城県の村井嘉浩知事(右)にサイン入りユニホームを贈るサッカー日本代表の森保一監督=16日、宮城県庁
1枚拡大

 サッカー日本代表の森保一監督が16日、国際親善試合のエルサルバドル戦(6月9日・ひとめぼれスタジアム宮城)が行われる宮城県の村井嘉浩知事を表敬訪問した。森保監督は2002、03年と現役最後の2年をJ1仙台でプレーした縁があり「選手として幸せな2年間を過ごさせてもらった。感謝と恩返しの気持ちで試合をしたい」と、健闘を誓った。

 知事訪問前には、東日本大震災の津波で被害を受けたキリンビール仙台工場を視察。お見舞いを述べ「東日本大震災で傷ついた方のことを常に考え、寄り添っているとお伝えしたい。泥くさく、ひた向きに戦うことで励ましになれば」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス