文字サイズ

アルゼンチン監督がお騒がせ スペインで交通事故

 サッカーアルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督が9日、マジョルカ(スペイン)で交通事故にあい病院に運ばれる騒動があった。幸い軽傷で現在は同島の自宅に戻っている。本人のほかアルゼンチン協会が声明を出した。

 地元紙ディアリオ・デ・ジョルカによると、学校の近くでバックした車が自転車にまたがっていたスカローニ監督に衝突、路面に顔を打ち付けられたという。運転者が救急車を呼び病院に搬送された。退院後スカローニ監督は自身のソーシャルサイトで数カ所に絆創膏を貼った自身の顔の写真を掲載した上で「メッセージありがとう。何針か縫って家に帰る」とメッセージを残している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス