文字サイズ

香川真司、神戸で6年ぶり代表戦 凱旋弾へ「必ずチャンス仕留めたい」

 ボリビア戦に向け調整する香川(手前右)ら日本代表イレブン=神戸市内
1枚拡大

 「国際親善試合、日本-ボリビア」(26日、ノエビアスタジアム神戸)

 サッカー日本代表は24日、神戸市内で冒頭15分間を除く非公開で調整を行った。神戸市垂水区出身のMF香川真司(30)=ベシクタシュ=にとっては凱旋試合となり「久しぶりに来ましたけど、いいスタジアムですね」と感慨に浸った。

 神戸で行われる代表戦は13年2月のラトビア戦以来約6年ぶりとなる。「あんまり覚えてない」と振り返ったが、マンチェスターUに所属していた当時、香川はフル出場し、2アシストで勝利に貢献した。

 ボリビア戦ではトップ下での先発出場が有力。「攻撃の選手として、必ずチャンスを仕留めてチームに常に優位な状況を作り出したい」と話し、若手との共存については「若いヤツの勢いというのは非常に大事。それをうまくコントロールしながらやれれば、彼らも生きるし、僕自身も生かされる。そういうところの融合は非常に楽しみ」と意欲的に語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス