文字サイズ

J1神戸、外国人枠5人“問題”リージョ監督「選択肢が広がる」

 清水戦で外国人枠を全て使い切った神戸の出場選手を示す電光掲示板
 後半、先制点を決めて四股を踏むパフォーマンスで喜ぶ神戸のポドルスキ
後半、ゴールを決めダビド・ビジャ(左)らに祝福される神戸のルーカス・ポドルスキ=ノエビアスタジアム(撮影・持木克友)
3枚3枚

 「明治安田生命J1、神戸1-1清水」(17日、ノエビアスタジアム神戸)

 スペイン1部バルセロナから新加入したスペイン人MFセルジ・サンペール(24)が後半35分に途中出場し、待望のJリーグデビューを果たした。

 J1では今季から外国籍選手について、試合出場とベンチ入りは最大5人が上限となっており、神戸は清水戦でサンペールをベンチ入りさせた他には、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、DFダンクレー(27)の4人が先発出場した。このため、開幕3試合でフル出場していた韓国代表GK金承奎(28)とブラジル人FWウェリントン(31)がベンチ外となった。

 神戸は7人の外国籍選手が在籍しており、今後も“5人”を巡る決断を迫られることになるフアンマヌエル・リージョ監督(53)は「毎週選択しなければいけないシチュエーションに置かれています」とした上で、外国人のローテーションも含めた具体的な起用法については「選択肢は広がったと言える」と話すにとどめた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス