文字サイズ

木梨憲武が“エスコートおじさん”イニエスタと手繋ぎ「俺のこと知らなかった」と喜び

 「明治安田生命J1、C大阪1-0神戸」(22日、ヤンマースタジアム長居)

 今季のJリーグ開幕戦は、C大阪がCKからDF山下達也のヘディングで奪った先制点を守りきり、勝利をものにした。試合前には、とんねるずの木梨憲武が、Jリーグなどスポーツ中継のウェブ配信などをてがける「DAZN(ダゾーン)」のアンバサダーとして、神戸MFイニエスタの“エスコートおじさん”で登場。スタジアムを沸かせた。

 木梨はイニエスタと手をつないで入場し、詰め掛けた両チームのサポーターから歓声が起きた。キックインセレモニーを担当し、右脚インサイドキックで丁寧にボールを入れた。

 木梨はDAZNを通じて「選手と共にピッチに入ることは生まれて初めての経験で喜びでした。イニエスタ、清武、柿谷、水沼と有名な選手がいて日本人選手とは挨拶をさせていただきましたけど、イニエスタは俺のこと知らないっていうのも喜びでしたね」とコメントし、新鮮な体験だったことをうかがわせた。

 「実は今回エスコートキッズというか、エスコート“おじさん”なんですが、試合前なのでイニエスタと手を繋ぐことは難しいと言われていました」と裏事情も“告白”。「でもピッチに歩き始めたらイニエスタの方から手を繋ごう!と言ってくれて『本当にいいの?』という感じで手を繋がさせていただきました。スーパースターは優しいですね」と感激したようだった。

 イニエスタには「メッシと2回会ったんだ」と日本語で伝えたというが「伝わらなかったです」と通じず。それでも「なのでただ手を繋いだだけ。小学生みたいなおっさんですね。貴重な経験で楽しかったです」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス