文字サイズ

なでしこ強化へその場でリプレー「代表で使うのは初」新システムを試験導入

 モニターでプレー映像を確認する池田(右)ら
1枚拡大

 6月に開幕するサッカーの女子W杯フランス大会へ向け、強化合宿中の女子日本代表「なでしこジャパン」候補は1日、静岡県内で2日目の練習を行った。午前は体力強化中心のメニューで、午後はパス回しなどに取り組んだ。GK練習にはプレー映像をピッチですぐに見られるシステムが試験導入され、池田(浦和)と山下(日テレ)の両GKは設置されたモニターで自身のプレーを確認しつつ守備練習に励んだ。

 ピッチ上で撮った練習の映像を、その場ですぐに再生してプレーを確認できる新システムが試験導入された。スロー再生も可能で、日本サッカー協会の担当者は「代表で使うのは初」と説明。GK練習で使われ、練習の合間にモニターを見ながら指示を出した大橋GKコーチは「普段の映像ならばその日の夜に振り返るが、タイムリーに見られる。修正がすぐできる」と歓迎した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス