文字サイズ

武藤3年3カ月ぶり代表ゴール「今日やっと日本代表の勝利に貢献できた」

前半、ヘディングで同点ゴールを決めた武藤(右手前)=アルアイン(共同)
2枚

 「アジア杯・1次リーグ、日本2-1ウズベキスタン」(17日、アルアイン)

 日本は先制を許しながらもFW武藤嘉紀(ニューカッスル)の同点ヘッド、MF塩谷司(アルアイン)の勝ち越しミドルで逆転勝利を収め、F組1位通過を決めた。

 武藤が15年10月のイラン戦以来3年3カ月ぶりの代表戦でのゴールを決めた。「久しくゴールから遠ざかっていたので今日やっと日本代表の勝利に貢献できた。非常にうれしく思います」。先制を許した3分後、室屋からのクロスをファーサイドで豪快にヘッドで決めた。

 先発メンバーを前戦から10人入れ替えての第3戦。「自分たちで何が何でも1位通過で決勝トーナメントにいけるようにとチーム一丸となってとにかく相手より走るということを心がけてプレーしました」。3連勝でF組1位通過を決めた。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は現地時間21日午後3時(日本時間同日午後8時)にE組2位(カタールかサウジアラビア)と対戦する。「泥臭く、自分自身も今日みたいなゴールを取りたい」と躍進を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス