文字サイズ

森保ジャパン3連勝で1位通過!決勝T相手はカタールかサウジ 塩谷“ホーム”でV弾

後半、勝ち越しゴールを喜ぶ日本イレブン=アルアイン(共同)
1枚拡大

 「アジア杯・1次リーグ、日本2-1ウズベキスタン」(17日、アルアイン)

 日本は先制を許しながらもFW武藤嘉紀(ニューカッスル)の同点ヘッド、MF塩谷司(アルアイン)の勝ち越しミドルで逆転勝利を収め、F組1位通過を決めた。決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は現地時間21日午後3時(日本時間同日午後8時)にE組2位(カタールかサウジアラビア)と対戦する。

 勝てば1位通過、それ以外なら2位通過という条件の日本は先発メンバーを13日のオマーン戦から北川航也(清水)以外10人を替えて臨んだ。右サイドの伊東、左サイドの乾の突破などで攻撃する日本だったが、前半40分に、スローインから簡単に左サイドを破られ、FWショムドロフに先制ゴールを許した。

 しかし直後の同43分。右サイドバックの室屋が上げたクロスに合わせた武藤がヘディングシュートをたたき込み同点とし、前半を終えた。

 後半も積極的に攻めた日本は、13分にこぼれ球にエリア外で守備的MFに入っている塩谷が左足でシュート。これがゴール右上に突き刺さり勝ち越しに成功した。ちなみに試合開催地のアルアインは、17年に塩谷が移籍したクラブ「アルアイン」のホームタウン。

 試合終盤に差し掛かるとウズベキスタンが攻勢を強めたが大会初出場のGKシュミット・ダニエルのセーブもあり守り切った。

 試合終了後、テレビ朝日などのインタビューに森保一監督は「決勝トーナメントに向けてもこれまでやってきた通り、チームで最善の準備をして次の1戦に準備を尽くしていくことをやっていきたいと思います」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス