文字サイズ

日本連勝で16強 原口PK弾も「このままじゃ決勝トーナメントは勝てない」

 「アジア杯・1次リーグ、日本1-0オマーン」(13日、アブダビ)

 2大会ぶり5度目の優勝を狙うF組の日本は1-0でオマーンに勝ち、2連勝で勝ち点を6として16強による決勝トーナメント進出を決めた。日本は前半28分、MF原口元気(27)=ハノーバー=がPKを左隅に決めて先制。その後は決め手を欠いたが、相手に得点を許さなかった。E組ではカタールが2連勝で16強入りした。

 呼吸を整えてゴールを見据えると、迷うことなく、力強く左隅に蹴り込んだ。何よりも欲しかった先制点は、前半28分。MF原口が自ら得たPKをキッチリと決めて生まれた。

 確実に漂い始めていた“嫌な空気”を払しょくした。引き分け以上で16強進出が決まる一戦。作ったチャンスの数とは裏腹に、ゴールが遠かった。開始直後の前半2分、右サイドを突破したMF堂安の折り返しを原口が合わせるも、ゴールバーをはじいた。

 MF南野は前半だけで3度も相手GKと一対一になる絶好機を迎えたが、いずれもシュートを阻まれた。それでも南野が同26分に打ったシュートのこぼれ球に詰めた原口がPKを獲得。自ら決めた。

 初戦で2得点を挙げたエースFW大迫が、大会前から抱える右臀部(でんぶ)痛のため先発落ち。代わって先発したFW北川は、前線から守備の起点になるなど奮闘した。だが、チームは最後まで追加点を奪えず、初戦に続いて公式大会の難しさを突きつけられた。

 1-0の勝利。森保監督は「選手たちが勝って突破を決めようという気持ちを持ち、ハードワークして結果が伴って良かった」と評価。原口は「このままじゃ決勝トーナメントは勝てない。チームとして個人として精度を上げないと」と、次戦へ気持ちを引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス